運営者情報

こんにちわ、おとな英語の運営をしていますケンタと申します!
31歳、男です。

中学の頃にアメリカに短期留学に行ったことがあり、そのときに感じた海外の自由な雰囲気が忘れられず、そのときから英語を猛勉強しました。
今は、多国籍な人が集まる企業で英語を生かして仕事をしています。

 

サイト名 おとな英語
URL https://munku.org
運営者 おとな英語運営事務局
お問い合わせ お問い合わせフォームよりお願い致します

実績

アメリカ合衆国テキサス大学アーリントン校 学部卒業

・勉強がしたくて、アメリカの大学へ
高校を卒業後、就職も進学も踏ん切りがつかずだらだら 2年ほどフリーターをしていましたが、いちどどっぷり勉強をしたいと思い、アメリカの大学へ行くことにしました。
・できる英語の勉強法はすべて試した。
英語の勉強になりそうなことは、できる限りすべて試そうということで、調べることができた方法はすべて試したので、効果の出やすい英語学習はマスターしています。
・2年間、大学内でのアルバイトとして学生向けのチューター(学習支援) 
現地の学生や留学生へスピーチ(プレゼンテーション)やFinance などを教えていました。 

英語の飛び交う日系企業で、英語を使ったビジネス経験5年

縁があり、IT系の外資系企業をクライアントとする日系企業で働いています。

・英語でのメール、チャットはもちろん、ほぼ毎日英語での電話会議があります。
会議のFacilitator (進行係)をやったり、パワーポイントのスライドを用意して発表をしたりしています。 

・通訳や翻訳
英語があまり得意ではない人のために会議の通訳や資料の翻訳もやってます。

・社内で英語クラスを開いていたこともあります。 
20名ほどの同僚向けにビジネス英会話をレクチャーしてました。 

TOEIC 945点

・日本に帰ってきて仕事で必要になり、受けました。

これ以上点数を上げるにはテストのための勉強が必要かと思います。

 

得意なこと

伝わりやすい刺さる順序で英語を話すこと・書くこと

自分の書く、話す英語だと、白黒の文章が僕の頭の中では、色付きで見えます。(実際には見えませんがw) 
協調したい部分が、相手の頭にすっとはいっていくように文章を組み立てます。

日本語でもそうですが、伝えたいことをきれいに伝えるのは、難しいですよね。
また、使う単語一つや文章の順番で伝わり方って全然違いますよね。

英語の文章を美しくすることは結構たのしいものです。
僕も最初は苦手でしたが、ずっとやっているうちに得意になってきました。

聞き取りやすい発音で英語を話すこと

相手にわかりやすい英語が一番よいと思っています。
シンプルな英語で1語1語はっきりとゆっくり滑らかに話す。
それを日々大事にしています。

 

ブログ立ち上げ理由

英語学習に関する質問を聞かれることが多かったので、それをまとめて他の人に伝えたい。

自分は英語を覚えることでよい方向に人生が拓けたので、英語を覚えたい人にその方法を伝えたい

 

ブログ運営目的

英語力をなるべく効率的に身につけたい頑張る国際人を応援するために、英語力アップについての情報を発信します。

  • 留学やキャリアップのために英語力を最速でつけたい20代-40代の方々
  • 国際的な仕事をしていて、さらなるステップアップのために英語力向上を目指している方々
  • 英語が苦手だけど、海外への移動が決まったなどの理由で、すぐにでも英語力を上げていきたい方々

仕事では、専門知識や各領域の経験も大切ですが、さらに+a で英語ができるとほんとに世界が広がりますよね。

このサイトでは、最短で結果を出していく英語学習の近道を皆さんに紹介したいです。

 

こころざし

仕事で自信を持って英語を話していけるようになる人を増やしたい。

仕事でもプライベートでも人生の幅を広げることができる人を増やしたい。

 

自分の英語に120%の自信がつくようになるまでには、やはり一定期間の勉強が必要ですがそれを乗り越えると、ものすごい武器となります。 
そんな武器を持って仕事にプライべートにとフルで英語を使っていけるようになりたい。

そんな人を応援したいです! 

 

推奨サービスの選定基準

 

効率的に英語を学べるロジックがあること

最短で英語習得をサポートしていること

実績の積み上げがあること

目に見える形(定量的に)で英語力のアップ効果が見えること

良心的な価格であること

英語の勉強方法については、いろいろな情報があります。

その中でも、なるべく短い時間の中で効果のある方法で、英語力のアップに集中するのがいいと考えます。 

そんな自信をもって推奨できるサービスばかりを紹介しています。

© 2020 おとな英語