英語上達法

英語のリスニングができない理由10個とリスニング力が上がるチェックリスト13個


なかなか英語が聞き取れない。
聞き取れないと会話が続かないから悪循環。。
リスニングって難しいですよね。

 

今回は、リスニングができない理由を分解してみたいと思います。

ちゃんと1つ1つ修正していけば、必ずリスニングがうまくなります。

リスニングに必要な1つ1つの要素に、確実にアプローチしていきましょう。

 

目次

英語のリスニングができない理由を突き止めたい。

難しい顔をする女性

リスニングができない理由

  1. できないという思い込みが強い
  2. 分からないことが多すぎて無理
  3. 完璧主義すぎる
  4. ステップを無視している
  5. 英語の発音のクセを見逃している
  6. 発音を後回しにしている
  7. スピードに圧倒されている
  8. いろんなアクセントに圧倒される
  9. 状況をつかむ意識がない
  10. 話している内容の知識が少ない

 

できない理由1. できないという思い込みが強い

できない

最初特にリスニングは、すごく難しく感じます。

リスニングに心理的な壁を感じてしまう人は、多いと思います。

 

英語は、得体のしれない未知の言葉だ!

 

改善チェック:自信を持っている素振りでリスニングに臨む

confidence

 

実際に自信がなくても大丈夫です。

自信を持っている素振りをしましょう。

 

日本人なら、すでに英語を使える

日本人なら、英語を中学や高校で勉強したことがありますね。

洋楽を聴いたり、洋画をみる機会も多いのです。

 

英語は身近なものです。

how are you ? のような簡単な文は誰でも聞き取れますね。

この時点で、すでにもう英語を聞き取れています。

自分の持っている能力の凄さに、ちゃんと気づいてあげましょう。

あとは、単語や言い回しの幅を少しづつ広げていくだけです。

 

自信を持って、話しているだけで英語力が上がる?

全然英語がわからなくても、

自分は、英語ができる!

と思うと、なんとなく会話ができたりします。

 

一瞬で、リスニング力や会話力が上がったかのような感覚になります。

 

「私はできる!」と思い込むとこうなる

  • 落ち着いて、英語を聞ける
  • 自信を持って話すことで、英語が通じやすくなる
  • モチベーションが上がりやすい
  • ゲーム感覚で取り組みやすい
  • 結果上達するスピードが速くなる

 

堂々と、ゆっくりと聞く姿勢を持つだけで良いのです。 

落ち着いて、耳に入ってくる英語を捉えましょう。

すると、少しづつ言いたいことがわかるようになります。

そして、簡単な会話が成り立つようになります。

 

リスニングは、落ち着いて、ゆっくり聞き取るゲームである。

と考えるとよいです。

 

自分がすでに持っている能力と知識を表に出しつつ、

新しい情報を毎日地道に吸収していく。

これが1番の近道です。

 

落ち着くだけで、聞き取りも会話も、自然と自分のペースになっていきます。

 

改善チェック:音楽を楽しむような感覚で、英語の世界に入る!

音楽

 

英語を音としてちゃんと聞く。

英語を聞いた瞬間、アルファベットを頭に思い浮かべる。

これがすごく大事です。

 

英語を音として聞くときのコツ

  • 英語をきいたらアルファベットを思い出す
  • 最悪、音を音のまま真似してみる

 

日本人にはクセがあります。

みんな聞こえた音を無意識に日本語に変換しようとします。

 

聞こえた音を日本語に変換しない!

これが最初のステップです。

 

英語をそのまま音として聞きましょう。

英語の音として頭の中に入れましょう。

 

できない理由2. 分からないことが多すぎて無理。。。

文法も発音も何も分からない。

すごい量を勉強しなければいけない気がする。

全然楽しめない。

すごいプレッシャーを感じたりします。

 

改善チェック:好きな勉強法で息抜きする

英語は、遊びのような勉強法がたくさんあります。

洋楽が好きなら、たくさん歌うといいです。

Netflix で映画を見ながら、モノマネをやるのもいいと思います。

 

リラックスして、やる気のタンクをためて、自分の勉強に戻るとよいです。

 

改善チェック:とりあえず1日1つ気づきがあればOK

小さな1つ1つの気づきを大事に、

小さな改善を積み重ねる

これだけで良いと決めましょう。

 

毎日30分ほど勉強し、毎日2-3つの気づきをちゃんと修正していく。

 

1年でも繰り返すことができれば、

1年365日で、1日2-3の気づきがあります。

1年後には、700倍から1000倍の成長になります。

このすごさにフォーカスしましょう。

 

仕事で勉強できない日があっても、別に大丈夫です。

1年のうち、300日でもできれば良いのです。

自分のペースでいいわけです。

 

できない理由3. 完璧主義すぎる

うまくできないことが嫌。

挫折しそうな気持ちになる。。

ネイティブのように聞き取って、ペラペラ話したい。

ネイティブっぽくできないのは、悪いことだ。

恥ずかしいことだ!

無意識に完璧主義になるのは、よくあります。

そのせいで、現実の実力とのギャップを感じます。

そして、モチベーションが下がる原因になったりします。

 

改善チェック:「自分はすごいことをしている」と認識しよう

まず、外国人が第二言語を勉強している時点で、プラスですね。

むしろ、何もしない人に比べると、ずっとすごいです。

 

1日1週間では、なかなか結果が感じられないかもしれません。

落ち込む必要はないですね。

 

でも数ヶ月 ~1年もの間に、最初の自分と圧倒的な差ができてきます。

 

できない理由4. ステップを無視している

リスニングができるようになるには、ステップがあります。

aという音が分からないと、appleの音が聞き取れない。という理論です。

最初から、すべてをわかる必要はないですが、ネイティブの発音は、わりと難しいです。

 

改善チェック:ステップを1つ戻ってみる

ステップを1つ戻ってみるのが良いです。

 

そもそもアルファベットの発音をちゃんと分かっているのか

単語の音が分からないのであれば、アルファベットを最初に覚えてみましょう。

 

単語1つ1つを聞き取れているのか

アルファベットの発音がわかるのであれば、単語の発音を聞いてみる。

 

順を追って確認し、修正していきましょう。

すると、単語の音がすっと入ってくるようになります。

 

改善チェック:単語を音声で覚えてみる

日本人が思う発音と本当の発音はまったく違います。

自分の想像を超える違いです。

 

単語自体を聞き取れない場合、まずは、単語1つ1つを聞けるようになる練習が必要です。

こちらの記事が参考になると思います。

ビジネス英語のボキャブラリーを2ステップで攻略!おすすめの単語帳とアプリも紹介!

続きを見る

 

できない理由5. 英語の発音のクセを見逃している

日本語には、会話のリズムがあります。

英語にも、独特の会話のリズムがあります。

呼吸のタイミングとかも全然違ったりします。

 

リズムとかイントネーションとかアクセントとか色々難しく感じますね。

でも、最初はあまり深く考えず、リズムになれることに集中するといいと思います。

 

改善チェック: かならずヘッドセットを使う

ヘッドセットやイヤホンを使うと、話し手の息遣いまで細かく聞こえます。

 

まず、ヘッドセットを使い、細かい息遣いや音が聞き取れるようになりましょう。

次に対面で会話する相手の言葉や、電話ごしの相手の言葉が、理解出来るようになります。

音声と自分の距離感

1. ヘッドセット → 一番近い
2. 対面の会話やスピーカー → 遠い
3. 電話 → 一番遠い

よくわかる曲であれば、結構遠くからでも聞き取れますね。

でも、よくわからない曲であればなんの曲か聞き取れませんね。

その原理です。

 

ヘッドセットで聞き取れないのに、

会話で聞き取れるわけはない。

ということですね。

 

ちなみに私が個人的に愛用しているのは、Airpods です。

最強のイヤホンだと思います。

 

できない理由6. 発音を後回しにしている

勉強を始めた時は、文法書をやったり、単語帳だけやったり、オンライン英会話だけやったりすることが多いと思います。

 

改善チェック: 先に発音を覚える

早いステージで発音に特化して学んでいくと、その後、すごく楽になります。

Pronounce It Perfectly In English

という本のシリーズがおすすめです。

 

私は、この本のシリーズの音声を、100回以上は聞いています。

専門用語はあるにしても、文章の構成がシンプルでスピードがゆっくりです。

 

単語の中で発音をしない部分と、強調する部分、口の作り方をなんとなく覚えましょう。

最初から、全部理解する必要はないです。

以下の流れでマスターしていくと良いと思います。

 

音声教材をうまく使うコツ

  1. 本を見ながら音声を聞いてマネしてみる。
  2. 興味が向いたら知らない単語などを調べる
  3. たまに自分の発音を録音して、本の音声と比べてみる。

 

英語の音声付きの本なので、ついでにリスニングとスピーキングの練習をしましょう。

説明の部分もすべて、モノマネすると効果的です。

 

できない理由7. スピードに圧倒されている

普通のスピードでも、外国語だと早口に聞こえてしまいます。

 

改善チェック:早さになれる勉強法を中心にやる。

早さに慣れるには、こちらの記事がおすすめです。

英語のリスニング!速度が早すぎると感じたら読む記事!

続きを見る

 

できない理由8. いろんなアクセントに圧倒される

これは、英語をはなせる人も悩んでいる部分なので、あまり気にする必要はないかとは思います。

例えば、インドの人の発音は、英語上級者にとっても耳に入ってこない場合があります。

 

改善チェック:一旦諦める

いろんなアクセントを正確に捉えるには、ネイティブにとっても難しいです。

初心者のうちは、スルーしましょう。

英語が上達した後で、また数年後に考えると良いと思います。

 

できない理由9. 状況をつかむ意識がない

言葉以外にも、色々ヒントがありますね。

相手の言いたいことを理解する力は、英語力ではなくソフトスキルです。

 

改善チェック:言葉以外のヒントを掴もう

「今どんな話をしているんだろう」という予測を立てながら、落ち着いて相手と向き合うことで割と50%くらいは、言いたいことが伝わってきたりします。

言葉以外のヒントを掴もう

  • 表情や声のトーンはどうか。
  • 怒っているのか。
  • 難しいそうな顔をしているのか。
  • 楽しそうなのか。
  • 悲しそうなのか。
  • 何をしている最中か。
  • ジェスチャーはどうだろう

 

できない理由10. 話している内容の知識が少ない

話している内容の知識があれば、聞き取る力が上がります。

リスニング力には、例外なく以下の方式が当てはまります。

英語力 * 話している内容の専門知識  =  リスニング力

 

改善チェック:話す内容の知識を深める

どんなに英語力が高くても、業務の専門知識や専門用語が分からないと、会話がうまく行かないことがあります。

逆に英語力がない頃は、専門知識が助けになります。

 

では、最後におすすめの勉強法についてもお伝えします。

 

Youtube、アプリ、オンライン英会話、英会話のコーチチングだとどれがおすすめ? 

最近は、ほんとにいろんな学習ツールがあり迷うところですね。

学習ツールを選ぶ際の基準は、以下です。

リスニングを伸ばす戦略~勉強法の選び方~

  1. 今の自分の課題や原因を分析できる
  2. フィードバックをもらえる環境
  3. 成長速度が早い方法
  4. 費用がリーズナブル

 

リスニングの学習法を徹底比較してみました!

 

音声教材

 

Youtube

 

アプリ

 

オンライン英会話

おすすめ!

英会話コーチング

原因の分析三角

難しい

三角

難しい

 三角

難しい

三角

難しい

二重丸

非常に良い

フィードバック三角

なし

三角

なし

三角

なし

先生による

二重丸

充実

成長速度三角

遅め

三角

遅め

三角

遅め

やや遅め

二重丸

早い

費用二重丸

安い

二重丸

安い

二重丸

安い

普通

幅がある

 

客観的にフィードバックをもらえる環境を用意し、リスニングができない理由を特定して、勉強できる環境がベストです。

自分のリスニングの能力を、客観的に判断するというのが一番難しい部分ですね。

 

音声教材、Youtube, アプリ

音声教材、youtube, アプリなどはとても気軽に始めることができていいのです。

ただ、自分だけで勉強しているため、難しいことが多いですね。

  • 勉強の方向性が当たっているか分からない
  • 出てきた疑問を即座に解決できないので、スッキリしない

オンライン英会話

多くのオンライン英会話の場合、割と安値で先生がついてくれるので、実践を積むにはとても良いです。

ただし、一人一人リスニングができない原因が違ったりするので、スランプに陥りがちですね。

オンライン英会話は、やめるのも簡単なので、

ずっとやってても、何が悪いのかわからず、全然リスニングが伸びない。

となりモチベーションが下がって続けることができない。

となってしまう可能性が高いです。

英会話のコーチング

最近出てきた英会話のコーチングですが、一人一人の問題に柔軟に対応してくれるところが多いので、

コーチにフィードバックをもらいながら、毎日確実に力をつけていけるのが良いです。

ネックなのがコストで50万、100万円くらいかかるコーチングも多いです。

ただし、コーチングの中でも安値で、徹底したサポート体制があるところも多いので

そういったリーズナブルにコーチングが受けれるサービスが狙い目ですね。

こちらの記事もチェックしてみてください。

ランキング3
英会話コーチングランキングTOP5!結果を出すための勉強の方法も紹介!

続きを見る

 

この記事では、ここだけ覚えておけばOK

今回の記事のポイントをお伝えします!

英語のリスニングができない理由10個とリスニング力が上がるチェックリスト13個

  • リスニングができない根本的な原因は様々
  • 1つ1つの項目をチェックして、原因を特定すると良い
  • 客観的なリスニング力分析とフィードバックがもらえる環境で勉強するのが良い

-英語上達法

© 2021 ビジネス英会話上達のひみつ Powered by AFFINGER5